古野幸治-陶芸日誌-


日々の作陶の様子をつづります。
by yukiharuh
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

器を作る時の心得

 器。
 
 使う楽しさ・使い勝手の良さ・愛でて楽しく話題を提供できるような器。
 
 つい手が出て、料理を盛りつけたくなる器。

 そんな気持で器作りをしています。
b0205034_183134100.jpg
b0205034_18315235.jpg

今日は、器を作りました。
 碧蒼釉で仕上げる予定です。

 個性のある、使ってみたいな~と思われる器。
 私は自分の作った作品で毎晩食事を楽しんでいます。
 
 そして、自画自賛の毎日です。

 本日より第57回日本伝統工芸展が東京・日本橋三越本店にて
 9月22日(水)~10月4日(月)まで開催されています。
 ぜひ、御覧ください。

 私の「碧蒼釉広口壺」も展示されています。


 12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックで1票です。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ






 
 
 
[PR]

by yukiharuh | 2010-09-22 18:39 | 陶芸コラム
<< 灰釉の実験 水雲無住 >>