古野幸治-陶芸日誌-


日々の作陶の様子をつづります。
by yukiharuh
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

イス灰釉大鉢

灰釉に取組み始めたころの作品です。
b0205034_22384291.jpg

ニス、ユス、とも言われますが、木へんに作の右側だけの漢字です。(変換しても出てきません・・)
青磁釉の灰青磁釉によく使われている灰です。
山砂入りの粘土で造形した鉢にイス灰をかけて焼いた作品、
b0205034_2239287.jpg

今から30年位前の作品ですが、ブログを始めて、昔の作品出して来たのですが、
我ながら佳く出来ていると思います。
b0205034_22392419.jpg

宮崎県に群生していると聞き、そのころ、
苗木200本送ってもらって田んぼに植え大きくして燃やして灰にしたものです。
灰釉の始めでした。
身の周りに在る燃えるもの何でも 燃やして灰にして釉薬にしました。
そんなころの懐かしい作品です。


12/1~5
 北浜・大阪美術倶楽部で個展を開催します。

 
 灰釉40年から~碧への移り変わりを日を追って綴っていきたいと思っています。
 人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
 ワンクリックお願いいたします。
 ↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
[PR]

by yukiharuh | 2010-09-09 23:30 | 陶芸コラム
<< 登窯に向けての作陶 大物作り >>